\[ %汎用 \newcommand{\ctext}[1]{\raise0.2ex\hbox{\textcircled{\scriptsize{#1}}}} %数学 %汎用 \newcommand{\as}{{\quad\textrm{as}\quad}} \newcommand{\st}{{\textrm{ s.t. }}} \newcommand{\set}[2]{\left\{\left.#1\;\right|\;#2\right\}} \newcommand{\naturalNumbers}{\mathbb{N}} \newcommand{\integers}{\mathbb{Z}} \newcommand{\rationalNumbers}{\mathbb{Q}} \newcommand{\realNumbers}{\mathbb{R}} \newcommand{\complexNumbers}{\mathbb{C}} \newcommand{\field}{\mathbb{F}} \newcommand{\func}[2]{{#1}\left({#2}\right)} \newcommand{\argmax}{\mathop{\textrm{arg~max}}} \newcommand{\argmin}{\mathop{\textrm{arg~min}}} %集合論 \newcommand{\range}[2]{\{#1,\dotsc,#2\}} \renewcommand{\complement}{\mathrm{c}} \newcommand{\ind}[2]{\mathbbm{1}_{#1}\left(#2\right)} \newcommand{\indII}[1]{\mathbbm{1}\left\{#1\right\}} %数論 \newcommand{\abs}[1]{\left|#1\right|} \newcommand{\combi}[2]{{_{#1}\mathrm{C}_{#2}}} \newcommand{\perm}[2]{{_{#1}\mathrm{P}_{#2}}} \newcommand{\GaloisField}[1]{\mathrm{GF}\left(#1\right)} %解析学 \newcommand{\sgn}[1]{\operatorname{sgn}\left(#1\right)} \newcommand{\cl}[1]{\operatorname{cl}#1} \newcommand{\Img}[1]{\operatorname{Img}\left(#1\right)} \newcommand{\dom}[1]{\operatorname{dom}\left(#1\right)} \newcommand{\norm}[1]{\left\|#1\right\|} \newcommand{\floor}[1]{\left\lfloor#1\right\rfloor} \newcommand{\ceil}[1]{\left\lceil#1\right\rceil} \newcommand{\expo}[1]{\exp\left(#1\right)} \newcommand{\sinc}{\mathop{\textrm{sinc}}} \newcommand{\GammaFunc}[1]{\Gamma\left(#1\right)} %逆三角関数 \newcommand{\asin}[1]{\operatorname{Sin}^{-1}{#1}} \newcommand{\acos}[1]{\operatorname{Cos}^{-1}{#1}} \newcommand{\atan}[1]{\operatorname{{Tan}^{-1}}{#1}} \newcommand{\atanEx}[2]{\atan{\left(#1,#2\right)}} %微分 \newcommand{\deriv}[3]{\frac{\operatorname{d}^{#3}#1}{\operatorname{d}{#2}^{#3}}} \newcommand{\derivLong}[3]{\frac{\operatorname{d}^{#3}}{\operatorname{d}{#2}^{#3}}#1} \newcommand{\partDeriv}[3]{\frac{\operatorname{\partial}^{#3}#1}{\operatorname{\partial}{#2}^{#3}}} \newcommand{\partDerivLong}[3]{\frac{\operatorname{\partial}^{#3}}{\operatorname{\partial}{#2}^{#3}}#1} \newcommand{\partDerivIIHetero}[3]{\frac{\operatorname{\partial}^2#1}{\partial#2\operatorname{\partial}#3}} \newcommand{\partDerivIIHeteroLong}[3]{{\frac{\operatorname{\partial}^2}{\partial#2\operatorname{\partial}#3}#1}} %積分 \newcommand{\integrate}[5]{\int_{#1}^{#2}{#3}{\mathrm{d}^{#4}}#5} \newcommand{\LebInteg}[4]{\int_{#1} {#2} {#3}\left(\mathrm{d}#4\right)} %複素解析 \newcommand{\conj}[1]{\overline{#1}} \renewcommand{\Re}[1]{{\operatorname{Re}{\left(#1\right)}}} \renewcommand{\Im}[1]{{\operatorname{Im}{\left(#1\right)}}} \newcommand{\Arg}[1]{\operatorname{Arg}{\left({#1}\right)}} \newcommand{\Log}[1]{\operatorname{Log}{#1}} %ラプラス変換 \newcommand{\LPLC}[1]{\operatorname{\mathcal{L}}\left[#1\right]} \newcommand{\ILPLC}[1]{\operatorname{\mathcal{L}}^{-1}\left[#1\right]} %線形代数 \newcommand{\bm}[1]{{\boldsymbol{#1}}} \newcommand{\Span}[1]{\operatorname{span}\left[#1\right]} \newcommand{\Ker}[1]{\operatorname{Ker}\left(#1\right)} \newcommand{\rank}[1]{\operatorname{rank}\left(#1\right)} \newcommand{\inprod}[2]{\left\langle#1,#2\right\rangle} \newcommand{\HadamardProd}{\odot} \newcommand{\HadamardDiv}{\oslash} \newcommand{\matEntry}[3]{#1\left[#2\right]\left[#3\right]} \newcommand{\matPart}[5]{\matEntry{#1}{#2:#3}{#4:#5}} \newcommand{\diag}[1]{\operatorname{diag}\left(#1\right)} \newcommand{\tr}[1]{\operatorname{tr}{\left(#1\right)}} %ベクトル %単位ベクトル \newcommand{\vix}{\bm{i}_x} \newcommand{\viy}{\bm{i}_y} \newcommand{\viz}{\bm{i}_z} %確率論 \newcommand{\PDF}[2]{\operatorname{PDF}\left[#1,\;#2\right]} \newcommand{\Ber}[1]{\operatorname{Ber}\left(#1\right)} \newcommand{\Beta}[2]{\operatorname{Beta}\left(#1,#2\right)} \newcommand{\ExpDist}[1]{\operatorname{ExpDist}\left(#1\right)} \newcommand{\ErlangDist}[2]{\operatorname{ErlangDist}\left(#1,#2\right)} \newcommand{\PoissonDist}[1]{\operatorname{PoissonDist}\left(#1\right)} \newcommand{\GammaDist}[2]{\operatorname{Gamma}\left(#1,#2\right)} \newcommand{\cind}[2]{\ind{#1\left| #2\right.}} %条件付き指示関数 \renewcommand{\Pr}[1]{\operatorname{Pr}\left[#1\right]} \newcommand{\cPr}[2]{\Pr{#1\left| #2\right.}} \newcommand{\E}[2]{\operatorname{E}_{#1}\left[#2\right]} \newcommand{\cE}[3]{\E{#1}{\left.#2\right|#3}} \newcommand{\Var}[2]{\operatorname{Var}_{#1}\left[#2\right]} \newcommand{\Cov}[2]{\operatorname{Cov}\left[#1,#2\right]} \newcommand{\CovMat}[1]{\operatorname{Cov}\left[#1\right]} %グラフ理論 \newcommand{\neighborhood}{\mathcal{N}} %プログラミング \newcommand{\plpl}{\mathrel{++}} \newcommand{\pleq}{\mathrel{+}=} \newcommand{\asteq}{\mathrel{*}=} \]

Ubuntu17.10 で Acrobat Pro DC 2017 を使う

はじめに

Linux向けのPDF処理アプリは色々あるが、どれも注釈機能が不十分であり、Adobe Acrobat に及ぶものはない。技術書を電子化する身にとっては優れたOCRや注釈機能, 編集機能が必須である。そういうわけで、Ubuntu17.10 で Adobe Acrobat Pro DC 2017 を動かすことにした。実験にあたってこちらを参考にした。

既知の問題

  • Adobe のオンラインストレージが使えない。
  • 自動アップデートに失敗する(アップデートしたければ、Windows環境でアップデートした後、後述の手順「Windows からバイナリを移植」を再度実行する)

Windows上での作業

Linux の wine 上ではインストール自体はできるが、初回起動時の Adobe ID へのサインインができないので、一旦 Windows にインストール + サインインしてから、バイナリの一部を Linux に移植することで解決する。

一旦 WIndows にてインストールを行う

ここの「Acrobat Pro 2017 Windowsの場合」から Acrobat Pro DC 2017 のオフラインインストーラ Acrobat_2017_Web_WWMUI.exe をDLし、これを使って Windows に Acrobat Pro DC をインストールする。 インストール完了後に一度起動し、 Adobe ID にサインインしておくこと。

インストーラとバイナリのコピー

USBメモリでも何でもいいから用意して、そこに以下の3つのファイルまたはフォルダをコピーする。
  • 先程DLしたオフラインインストーラ Acrobat_2017_Web_WWMUI.exe
  • Program Files(x86)/Adobe/Acrobat 2017
  • Program Files(x86)/Common Files/Adobe

Linux上での作業

以下の作業のために、↑でコピーした3つのアイテムが入っているパスを一時的な環境変数に設定しておく。

$ export TEMP_DIR_ITEMS="3つのアイテムが入ったディレクトリ"
(例)
$ export TEMP_DIR_ITEMS="/media/motchy/UFD/temp_items"

Wine の最新版をインストール

Ubuntu17.10 のリポジトリでは wine 1.6 が最新だがこれでは足りない。ここを参考にして wine 3.0 を導入する。こページで述べられているように、旧バージョンの wine はアンインストールしておく必要がある。次のコマンドで wine 関連パッケージをまとめてアンインストールできる。

$ sudo apt remove wine*

後で必要になる winetricks もここでインストールしておく。

$ sudo apt install winetricks

旧い wine 環境である ~/.wine 内に既にインストールされている Windows アプリは動かなくなるようなので(実際私の場合は旧環境で導入していた 7zip が動かなくなった)、一旦 ~/.wine をクリアして再構築する必要がある。次のコマンドで再構築できる。当然この際に旧い Windows アプリケーションは全部消えるので、必要なものは再度入れ直す必要がある。

$ rm -rf ~/.wine
$ winecfg

多分日本語文字が文字化けする。そうなった場合は次のコマンドでとりあえず全てのフォントを導入して解決する。

$ winetricks allfonts

Acrobat Pro DC 専用 wine 環境を構築

WinePrefix というものをご存知だろうか? Wine は仮想環境を複数用意することができて、個々の環境のことを WinePrefix と呼ぶのである。Acrobat Pro DC を動かすには普段使いの WinePrefix では具合が悪いので、専用の環境をこしらえることにする。

$ WINEPREFIX=~/.wine-AcrobatProDC WINEARCH=win32 winecfg

monoランタイムやらGeckoエンジンのインストールがひとしきり終わった後に設定画面が出るが、日本語文字が文字化けして読めないのでとりあえず全てのフォントを導入して解決する。

$ WINEPREFIX=~/.wine-AcrobatProDC WINEARCH=win32 winetricks allfonts

そして再度設定画面を出す。

$ WINEPREFIX=~/.wine-AcrobatProDC WINEARCH=win32 winecfg

ここで「Windowsバージョン」を Windows7 にすることを忘れぬように。尚、将来この環境を削除したくなったら次のコマンドを実行すればよい。

$ rm -rf ~/.wine-AcrobatProDC

mspatcha.dll のインストール

mspatcha.dll なるライブラリが要るらしい。EXEファイルへの公式のリンクが切れていて参考サイトの通りにはいかない。事前に代替リンクからキャッシュして対応する。

$ mkdir -p ~/.cache/winetricks/win2ksp4
$ wget -P ~/.cache/winetricks/win2ksp4/ ftp://ftp.gnome.org/mirror/archive/ftp.sunet.se/pub/security/vendor/microsoft/win2000/Service_Packs/usa/W2KSP4_EN.EXE
$ WINEPREFIX=~/.wine-AcrobatProDC winetricks mspatcha

atmlib.dll のインストール

$ WINEPREFIX=~/.wine-AcrobatProDC winetricks atmlib

AcrobatProDC のインストール

$ WINEPREFIX=~/.wine-AcrobatProDC wine ${TEMP_DIR_ITEMS}/Acrobat_2017_Web_WWMUI.exe

Windows からバイナリを移植

$ cd ~/.wine-AcrobatProDC/drive_c/Program\ Files/Adobe/Acrobat\ 2017/
$ rsync -rv --size-only ${TEMP_DIR_ITEMS}/Acrobat\ 2017/ .#最後のピリオドを忘れるな
$ cd ~/.wine-AcrobatProDC/drive_c/Program\ Files/Common\ Files/Adobe/
$ rsync -rv --size-only ${TEMP_DIR_ITEMS}/Adobe/ .

wine 再起動

$ WINEPREFIX=~/.wine-AcrobatProDC wineboot

途中でエラーが出て止まるが、Enter で終了して問題ない。

XPモードに戻す

Windows7 モードのままでも一応動作するが、UIの至るところで文字列が消えて使い難いから XP に戻す。設定ウィンドウが出るので「Windows XP」を選択する。

$ WINEPREFIX=~/.wine-AcrobatProDC winecfg

Acrobat Pro DC 起動

最近の Wine は気が利いていてアプリケーションランチャーやデスクトップにアイコンをこさえてくれる。このアイコンを押せば問題なく起動する。初回起動時にコンボボックスが潰れたダイアログが出るが、それが言語選択画面なので、潰れてよく見えないコンボボックスを頑張ってプルダウンし、「日本語」を選択すること。ここで選択せずに先に進むとUIが英語になるが、設定から日本語に変更できる。普段はランチャーのアイコンからのでよいのだが、念の為にターミナルからの起動方法も示しておこう。

$ WINEPREFIX=~/.wine-AcrobatProDC wine C:\\Program\ Files\\Adobe\\Acrobat\ 2017\\Acrobat.exe

ここでひとつ注意! この後システムを再起動するまでは WINEPREFIX=~/.wine-AcrobatProDC /opt/wine-staging/bin/winecfg を実行してはならない。無限にメモリリークして20秒ほどでRAMを食いつくされてシステムが落ちる。信じられないならやってみるといい。メモリ使用率モニタを表示しておくのを忘れぬように。

環境設定

実はこのままでは「名前を付けて保存」が使えない。オンラインストレージ機能が死んでいるので、その機能に依存しているリッチな保存ダイアログがのっぺらぼうになってしまう。そこで、「編集」メニュー → 「環境設定」→「一般」→「ファイルを開くときにオンラインストレージを表示」と「ファイルを保存するときにオンラインストレージを表示」のチェックを2つとも外しておく。

アンインストール方法

次のコマンドで wine に搭載されているアンインストーラのGUIが開かれる。

$ WINEPREFIX="~/.wine-AcrobatProDC" wine uninstaller

一覧から Adobe Acrobat Pro DC を選択して「削除」ボタンを押すと、Adobe 製のアンインストーラが起動する。アンインストールしてもプログラムランチャーのメニューにアイコンが残るので、それは手動で消すしか無い。

以上。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

motchy

Author:motchy
・信号処理
・無線
・組込

GitHub/motchy869

検索フォーム