\[ %汎用 \newcommand{\ctext}[1]{\raise0.2ex\hbox{\textcircled{\scriptsize{#1}}}} %数学 %汎用 \newcommand{\as}{{\quad\textrm{as}\quad}} \newcommand{\st}{{\textrm{ s.t. }}} \newcommand{\set}[2]{\left\{\left.#1\;\right|\;#2\right\}} \newcommand{\naturalNumbers}{\mathbb{N}} \newcommand{\integers}{\mathbb{Z}} \newcommand{\rationalNumbers}{\mathbb{Q}} \newcommand{\realSpace}{\mathbb{R}} \newcommand{\complexSpace}{\mathbb{C}} \newcommand{\field}{\mathbb{F}} \newcommand{\func}[2]{{#1}\left({#2}\right)} \newcommand{\argmax}{\mathop{\textrm{arg\,max}}} %集合論 \newcommand{\range}[2]{\{#1,\cdots,#2\}} \renewcommand{\complement}{\mathrm{c}} \newcommand{\ind}[2]{\mathbbm{1}_{#1}\left(#2\right)} \newcommand{\indII}[1]{\mathbbm{1}\left\{#1\right\}} %数論 \newcommand{\abs}[1]{\left|#1\right|} \newcommand{\combi}[2]{{_{#1}\mathrm{C}_{#2}}} \newcommand{\perm}[2]{{_{#1}\mathrm{P}_{#2}}} %解析学 \newcommand{\cl}[1]{\operatorname{cl}#1} \newcommand{\Img}[1]{\operatorname{Img}\left(#1\right)} \newcommand{\dom}[1]{\operatorname{dom}\left(#1\right)} \newcommand{\norm}[1]{\left\|#1\right\|} \newcommand{\floor}[1]{\left\lfloor#1\right\rfloor} \newcommand{\ceil}[1]{\left\lceil#1\right\rceil} \newcommand{\expo}[1]{\exp\left(#1\right)} \newcommand{\sinc}{\mathop{\textrm{sinc}}} \newcommand{\GammaFunc}[1]{\Gamma\left(#1\right)} %逆三角関数 \newcommand{\asin}[1]{\operatorname{Sin}^{-1}{#1}} \newcommand{\acos}[1]{\operatorname{Cos}^{-1}{#1}} \newcommand{\atan}[1]{\operatorname{{Tan}^{-1}}{#1}} \newcommand{\atanEx}[2]{\atan{\left(#1,#2\right)}} %微分 \newcommand{\deriv}[3]{\frac{\operatorname{d}^{#3}#1}{\operatorname{d}{#2}^{#3}}} \newcommand{\derivLong}[3]{\frac{\operatorname{d}^{#3}}{\operatorname{d}{#2}^{#3}}#1} \newcommand{\partDeriv}[3]{\frac{\operatorname{\partial}^{#3}#1}{\operatorname{\partial}{#2}^{#3}}} \newcommand{\partDerivLong}[3]{\frac{\operatorname{\partial}^{#3}}{\operatorname{\partial}{#2}^{#3}}#1} \newcommand{\partDerivIIHetero}[3]{\frac{\operatorname{\partial}^2#1}{\partial#2\operatorname{\partial}#3}} %積分 \newcommand{\integ}[4]{\int_{#1}^{#2}{#3}\mathrm{d}#4} \newcommand{\LebInteg}[4]{\int_{#1} {#2} {#3}\left(\mathrm{d}#4\right)} %複素解析 \renewcommand{\Re}[1]{{\operatorname{Re}{\left(#1\right)}}} \renewcommand{\Im}[1]{{\operatorname{Im}{\left(#1\right)}}} \newcommand{\Arg}[1]{\operatorname{Arg}{\left[{#1}\right]}} \newcommand{\Log}[1]{\operatorname{Log}{#1}} %ラプラス変換 \newcommand{\LPLC}[1]{\operatorname{\mathcal{L}}\left[#1\right]} \newcommand{\ILPLC}[1]{\operatorname{\mathcal{L}}^{-1}\left[#1\right]} %線形代数 \newcommand{\bm}[1]{{\boldsymbol{#1}}} \newcommand{\Span}[1]{\operatorname{span}\left[#1\right]} \newcommand{\Ker}[1]{\operatorname{Ker}\left(#1\right)} \newcommand{\rank}[1]{\operatorname{rank}\left(#1\right)} \newcommand{\inprod}[2]{\left\langle#1,#2\right\rangle} \newcommand{\matEntry}[3]{#1\left[#2\right]\left[#3\right]} \newcommand{\matPart}[5]{#1\left[#2:#3\right]\left[#4:#5\right]} \newcommand{\diag}[1]{\operatorname{diag}\left(#1\right)} \newcommand{\tr}[1]{\operatorname{tr}{#1}} %ベクトル %単位ベクトル \newcommand{\vix}{\bm{i}_x} \newcommand{\viy}{\bm{i}_y} \newcommand{\viz}{\bm{i}_z} %確率論 \newcommand{\PDF}[2]{\operatorname{PDF}\left[#1,\;#2\right]} \newcommand{\Ber}[1]{\operatorname{Ber}\left(#1\right)} \newcommand{\Beta}[2]{\operatorname{Beta}\left(#1,#2\right)} \newcommand{\GammaDist}[2]{\operatorname{Gamma}\left(#1,#2\right)} \newcommand{\cind}[2]{\ind{#1\left| #2\right.}} %条件付き指示関数 \renewcommand{\Pr}[1]{\operatorname{Pr}\left[#1\right]} \newcommand{\cPr}[2]{\Pr{#1\left| #2\right.}} \newcommand{\E}[2]{\operatorname{E}_{#1}\left[#2\right]} \newcommand{\cE}[3]{\E{#1}{\left.#2\right|#3}} \newcommand{\Var}[2]{\operatorname{Var}_{#1}\left[#2\right]} \newcommand{\Cov}[2]{\operatorname{Cov}\left[#1,#2\right]} \newcommand{\CovMat}[1]{\operatorname{Cov}\left[#1\right]} %グラフ理論 \newcommand{\neighborhood}{\mathcal{N}} %プログラミング \newcommand{\plpl}{\mathrel{++}} \newcommand{\pleq}{\mathrel{+}=} \newcommand{\asteq}{\mathrel{*}=} \]

Windowsのバッチファイル内でAnaconda環境を切り替える

くだらないことでハマッたのでもうはまらないようにここに書き残しておく。 特定のAnaconda環境で動かすことを想定したPython3のスクリプトをバッチファイルから読びたいときは次のようにする。 call conda activate meross-test python battery-charge-limitter.py conda でなく call conda とするのがミソである。こうしなければならない理由は、conda コマンドが exe でなく バッチファイルであるからだそうである。...
スポンサーサイト



Ubuntu 18.04 に入れた GIMP 2.10 で Python-Fu を有効化する

問題 ここを参考にして Ubuntu 18.04 に GIMP 2.10 を入れたのだが、Python-Fu が「フィルター」メニューから消えてしまった。python を見つけられなくなったらしい。 解決策 ここに答えがあった。 sudo apt install gimp-python すればいい。...

任意長の信号のDFTを長さが2の冪乗の信号のFFTに帰着する方法

動機  最近、学生時代に買ったまま眠っていた画像処理の本を開き、フーリエ解析の知識を掘り起こしながら数式を追っている。 信号処理の講義を受けたのはもう4年前になる。 FFTを教わったときは感動したが、長さが2の冪乗でない信号にはどう対処するのか疑問に思ったまま調べるのを忘れていた。 Mathematica は2の冪乗でなくても平気で計算してくれるし、多分他のソフトウェアもそうだから知らずとも実用上は困らないだろう...

Firefox 上の pdf.js で色反転

目的 ブラウザでPDFを色反転して表示したい。こんな風に。 デフォルトの状態。眩しくて目に悪い。 色反転したイケてる状態 原理 開発者ツールを開き、コンソールで以下のスクリプトを実行する。 thumbnailView.style.filter += 'invert(1)'; viewer.childNodes.forEach(element => { element.style.filter += 'invert(1)'; }); ON/OFFスイッチングに対応させ、ブックマークレットに登録する ...

Hadamard行列の固有値

定理 $2^n\;(n\in\naturalNumbers)$次のHadamard行列の固有値は$2^{n/2}$と$-2^{n/2}$が$2^{n-1}$個ずつである 証明 $\textit{Proof}$ $2^n$次のHadamard行列を$H_n$と書く。$H_0 := [1]$と定義する。 まず、$H_1$の固有値と固有ベクトルの組が$(\pm\sqrt{2},[1\pm\sqrt{2},1]^\top)$(複合同順)であることは容易に導ける。 よって$n=1$のとき定理の主張が成り立つ。 $n=m$のとき成り立つと仮定して$n=m+1$のとき成り...

プロフィール

motchy

Author:motchy
・組込
・画像処理
・RPA

@神奈川

検索フォーム