\[ %汎用 \newcommand{\st}{{\textrm{ s.t. }}} \newcommand{\set}[2]{\left\{\left.#1\right|\;#2\right\}} \newcommand{\naturalNumbers}{\mathbb{N}} \newcommand{\integers}{\mathbb{Z}} \newcommand{\realSpace}{\mathbb{R}} \newcommand{\complexSpace}{\mathbb{C}} \newcommand{\field}{\mathbb{F}} \newcommand{\func}[2]{{#1}\left({#2}\right)} \DeclareMathOperator*{\argmax}{arg\,max} %数論 \newcommand{\range}[2]{\{#1:#2\}} \newcommand{\abs}[1]{\left|#1\right|} \newcommand{\combi}[2]{{_{#1}\mathrm{C}_{#2}}} %解析学 \newcommand{\cl}[1]{\operatorname{cl}#1} \newcommand{\Img}[1]{\operatorname{Img}\left(#1\right)} \newcommand{\dom}[1]{\operatorname{dom}\left(#1\right)} \newcommand{\norm}[1]{\left\|#1\right\|} \newcommand{\floor}[1]{\left\lfloor#1\right\rfloor} \newcommand{\ceil}[1]{\left\lceil#1\right\rceil} \newcommand{\expo}[1]{\exp\left(#1\right)} \DeclareMathOperator{\sinc}{sinc} %逆三角関数 \newcommand{\asin}[1]{\operatorname{Sin}^{-1}{#1}} \newcommand{\acos}[1]{\operatorname{Cos}^{-1}{#1}} \newcommand{\atan}[1]{\operatorname{{Tan}^{-1}}{#1}} \newcommand{\atanEx}[2]{\atan{\left(#1,#2\right)}} %微分 \newcommand{\deriv}[3]{\frac{\operatorname{d}^{#3}#1}{\operatorname{d}{#2}^{#3}}} \newcommand{\derivLong}[3]{\frac{\operatorname{d}^{#3}}{\operatorname{d}{#2}^{#3}}#1} \newcommand{\partDeriv}[3]{\frac{\operatorname{\partial}^{#3}#1}{\operatorname{\partial}{#2}^{#3}}} \newcommand{\partDerivLong}[3]{\frac{\operatorname{\partial}^{#3}}{\operatorname{\partial}{#2}^{#3}}#1} \newcommand{\partDerivIIHetero}[3]{\frac{\operatorname{\partial}^2#1}{\partial#2\operatorname{\partial}#3}} %積分 \newcommand{\integ}[4]{\int_{#1}^{#2}{#3}\mathrm{d}#4} %複素解析 \renewcommand{\Re}[1]{\operatorname{Re}{\left[#1\right]}} \renewcommand{\Im}[1]{\operatorname{Im}{\left[#1\right]}} \newcommand{\Arg}[1]{\operatorname{Arg}{\left[{#1}\right]}} \newcommand{\Log}[1]{\operatorname{Log}{#1}} %ラプラス変換 \newcommand{\LPLC}[1]{\operatorname{\mathcal{L}}\left[#1\right]} \newcommand{\ILPLC}[1]{\operatorname{\mathcal{L}}^{-1}\left[#1\right]} %線形代数 \newcommand{\bm}[1]{\boldsymbol{#1}} \newcommand{\Span}[1]{\operatorname{span}\left[#1\right]} \newcommand{\Ker}[1]{\operatorname{Ker}\left(#1\right)} \newcommand{\rank}[1]{\operatorname{rank}\left(#1\right)} \newcommand{\inprod}[2]{\left\langle#1,#2\right\rangle} \newcommand{\matEntry}[3]{#1\left[#2\right]\left[#3\right]} \newcommand{\matPart}[5]{#1\left[#2:#3\right]\left[#4:#5\right]} \newcommand{\diag}[1]{\operatorname{diag}\left(#1\right)} \newcommand{\tr}[1]{\operatorname{tr}{#1}} %ベクトル %単位ベクトル \newcommand{\vix}{\bm{i}_x} \newcommand{\viy}{\bm{i}_y} \newcommand{\viz}{\bm{i}_z} %確率論 \newcommand{\PDF}[2]{\operatorname{PDF}\left[#1,\;#2\right]} \newcommand{\Ber}[1]{\operatorname{Ber}\left(#1\right)} \newcommand{\Beta}[2]{\operatorname{Beta}\left(#1,#2\right)} \newcommand{\GammaDist}[2]{\operatorname{Gamma}\left(#1,#2\right)} \newcommand{\ind}[1]{\mathbbm{1}\left\{#1\right\}} %指示関数 \newcommand{\cind}[2]{\ind{#1\left| #2\right.}} %条件付き指示関数 \renewcommand{\Pr}[1]{\operatorname{Pr}\left[#1\right]} \newcommand{\cPr}[2]{\Pr{#1\left| #2\right.}} \newcommand{\E}[2]{\operatorname{E}_{#1}\left[#2\right]} \newcommand{\cE}[3]{\E{#1}{\left.#2\right|#3}} \newcommand{\Var}[1]{\operatorname{Var}\left[#1\right]} \newcommand{\Cov}[2]{\operatorname{Cov}\left[#1,#2\right]} \newcommand{\CovMat}[1]{\operatorname{Cov}\left[#1\right]} %グラフ理論 \newcommand{\neighborhood}{\mathcal{N}} %プログラミング \newcommand{\plpl}{\mathrel{+}+} \newcommand{\pleq}{\mathrel{+}=} \newcommand{\asteq}{\mathrel{*}=} \]

motchyの備忘録

私にとっては大きな1歩だが、人類にとっては小さな1歩だ。

C言語チートシート

たまに必要になるけど、その時には多分忘れてるような知識をメモっていく。自分が見て方針を思い出すためのメモなので基本的に解説はしないし、ここに書いてあるコードは厳密であるとは限らない。 改行が来るまで標準入力から読み込む スキャン集合指定子で ¥n を除外する。 scanf("%[^\n]s", s);...

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : プログラミング  ジャンル : コンピュータ

  1. 2018/11/17(土) 22 : 16 : 04 |
  2. C |
  3. トラックバック : 0 |
  4. コメント : 0

SVMの双対問題の導出

半年ほど前に買った最適化の入門書にサポートベクトルマシン(SVM)の紹介があったが、双対問題の導出が省かれていた。演習ついでに導出してみたときのメモをまとめておく。 問題設定 $n$個の特徴ベクトル$\bm{d}_i\in\realSpace^m$が2つのクラス$C_1,C_2$に線形分離可能であるとし、$i$番目のデータのラベル$l_i$は \[ l_i = \begin{cases} 1 & (\bm{d}_i \in C_1) \\ -1 & (\bm{d}_i \in C_2) \end{cases} \] で...

続きを読む

テーマ : 数学  ジャンル : 学問・文化・芸術

  1. 2018/11/11(日) 22 : 11 : 15 |
  2. 最適化 |
  3. トラックバック : 0 |
  4. コメント : 0

LaTeX用マクロをKaTeX用に変換する

やりたいこと KaTeXではMathJaxと違って \[\] 内にLaTeX用のマクロを書いてもその部分が終わったら定義を忘れてしまう。ここにあるように専用の方法で書かなければならない。私には既に数年間で書き溜めたマクロがあり、今でも時々修正や追加を行っている。それを手作業で変換するのは面倒くさい。そこで、LaTeX用マクロをKaTeX用に変換する Python3 スクリプトを作った。今の所 \newcommand にしか対応していない(自分の用途では...

続きを読む

テーマ : LaTeX  ジャンル : コンピュータ

  1. 2018/11/07(水) 21 : 18 : 39 |
  2. KaTeX |
  3. トラックバック : 0 |
  4. コメント : 0

WSLに入れたLaTeXをWindowsのVS Codeで使う

やりたいこと Windows Subsystem for Linux (WSL) にセットアップした LaTeX を使って Windows の VS Code で文書を編集&コンパイルしたい。それは単純な理由による。 Windows で LaTeX の環境を整えるのが面倒くさいからWindows の LaTeX は Linux のそれと比べてコンパイルが異常に遅いから パッケージ管理システムが用意されている Debian 系の Linux ディストロなら LaTeX のインストールは2,3のコマンドを打つだけででき...

続きを読む

テーマ : LaTeX  ジャンル : コンピュータ

  1. 2018/11/01(木) 00 : 58 : 06 |
  2. LaTeX |
  3. コメント : 0

Linux版のMathematica 11で日本語を含むパスを扱えるようにする

問題Linux 版の Mathematica ではインストール直後の状態で日本語を含むパスを扱えない。私は Ubuntu18.04 で Mathematica 11.3 を使っているが、nbファイルのパスに日本語が含まれていると開くことができない。ダブルクリックから関連付けで開こうとすると「評価失敗」と表示されるし、ファイル選択ダイアログでは日本語を含むファイルやフォルダが表示されないから、やはり開けない。解決方法「/usr/local/Wolfram/Mathematica/[...

続きを読む

テーマ : Mathematica  ジャンル : コンピュータ

  1. 2018/10/30(火) 22 : 28 : 50 |
  2. Mathematica |
  3. コメント : 0
次のページ

プロフィール

motchy

Author:motchy
無能勉強オタク。
スイハニスト。

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (1)
数学 (10)
実解析 (0)
複素解析 (4)
線形代数 (0)
確率・統計 (2)
グラフ理論 (1)
ベクトル解析 (1)
最適化 (1)
アルゴリズム (0)
物理 (2)
力学 (2)
電子工作 (13)
LTSpice (3)
電源装置 (1)
2段式コイルガン (7)
misc(電子工作) (1)
プログラミング (39)
C (1)
Python3 (3)
Qt5 (5)
GNU make (3)
Mathematica (7)
HSP (18)
Win32API (1)
Matlab (1)
HTML, CSS (0)
LaTeX (15)
MathJax (1)
KaTeX (1)
計算機 (11)
CELSIUS-N465 (1)
XperiaZ3C (1)
X205TA (4)
nexus7 2012 (1)
gigabeatV30T (4)
Linux (13)
Windows (1)
Libreoffice (2)
Origin (3)
Tgif (4)
misc (9)
univ (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する